第 18 号
2
p
-- お知らせ --
第30回日本実験動物技術者協会総会案内
 
 
会 期:
平成8年7月5日(金),6日(土)
会 場:
沖縄ハーバービューホテル
〒900沖縄県那覇市泉崎2-46
   TEL 098-853-2111
会 長:
中村 豊(宮崎医科大学附属動物実験施設)
名誉会長:
小杉忠誠(琉球大学医学部附属動物実験施設)
参加費:
会 員 5,000円
非会員 7,000円〔予定〕
(但し懇親会を含まない)
第30回総会箏務局:
〒890鹿児島市桜ケ丘8丁目35番1号
 鹿児島大学医学部附属動物実験施設内(担当者:福山,小原)
 TEL 099-275-5500 FAX 099-265-7507
日 程:
7月4日(水) 理事会
7月5日(金) 一般講演,特別講演 I,評議員会,総会,30周年記念講演,懇親会
7月6日(土) 特別講演 II,シンポジウム,一般講演,関連集会
30周年記念講演 
 
  司会 大和田一雄(山形大学医学部)
招待記念講演 I:
「米国に於ける実験動物技術者の教育と資格認定−過去・現在・未来−」
プリンストン大学動物実験施設ディレクター
・AALAS理事及びNJ支部長・LAMA理事
 アン・マリー・ディンケル
   
司会 高橋久英(藤田保健衛生大学)
記念講演 II:
「技術者協会創立30周年の歩み」
 東京大学医科学研究所 技術長
 丸山内一郎
 
司会 中村 豊(宮崎医科大学)
特別講演 I:
「ハブ毒の止血機構関与物質とその応用」
 琉球大学医学部教授
 小杉忠誠
   
司会 小原 徹(鹿児島大学医学部)
特別講演 II:
「トランスジェニック動物の将来への展望と技術」
 熊本大学医学部教授
 山村研一
 
シンポジウム:
座長 田中智久 九動(株)
   日置恭司 (財)実中研
  遺伝子操作動物(トランスジェニック・ジーンターゲッテイング)
−遺伝子操作動物に携わる実験動物技術者の役割−
   
  ・組み換えDNA実験指針とは
  佐藤 浩 長崎大(医)
  ・トランスジェニック動物の作製とその有用性
  三好一郎 東北大(医)
  ・ジーンターゲッテイング動物の作製とその有用性
  鈴木 操 熊本大(医)
  ・遺伝子操作動物の繁殖と系統化
  小林喜美男 (財)実中研
   
関連集会:
第9回実験動物環境研究会(共催)
テーマ:−動物実験施設における空気調和設備の省エネルギ−(仮題)