第 18 号
6
p
 
第21回国立大学動物施設協議会参加技官を
対象に行ったアンケート報告
北海道大学医学部附属動物実験施設
日本実験動物技術者協会情報部  小山内 努

 これまで,国立大学動物施設協議会は専任教官および事務官で行われておりました。今回,早川先生(金沢大学・医)ならびに本多北陸支部長(日技協)の発案と,第21回施設協議会(1995.5.18)主催校である山形大学の大和田先生(日技協理事長)の協力により,初めて技官の参加が実現致しました。参加した技官数は36名を越え,各職場における協議会への技官参加に対する積極的な姿勢を伺い知ることが出来ました。午前中いっぱいを使っての技官懇談会では技官の現状の課題等について活発な意見交換がされ,それぞれの参加者は今まで以上に今後の実験動物技術者像を真剣に考えられたものと思われます。
 この際に行った簡単な内容のアンケート調査の集計結果が出ましたので,国立大学の実験動物技術者の現状と意識なりを多少ともご理解していただけるものと考えて紹介致します。なお,集計結果はそれぞれの質問項目の次に解答者数を記しました。
 さて,国立大学施設協議会という組織を知らない方も多いと思いますので,協議会の目的等を簡単に紹介致します。
1.会員:国立大学医学部附属動物実験施設,附属研究所等の50余の機関で構成されている。
2.目的:協議会は会員相互の緊密な連絡と協力により,国立大学における動物実験の精度と水準の向上を図り,もって医学・薬学・生物学等生命科学における教育及び研究の進展に寄与することであります。
これまで目的を達成のために幅広く事業を進めております。

アンケート内容および集計結果を示しました。
記載にあたり,該当する番号を○で囲んで下さい。なお,複数解答があってもかまいません。

質間1 所属機関は?
1)医学部:26/36名(72%)
2)大学附属研究所:6/36名(17%)
3)その他( ):4/36名(11%)

質間2 年齢は?
1)18〜30歳:4/36名(11%)
2)31〜40歳:11/36名(31%)
3)41〜50歳:14/36名(39%)
4)51〜60歳:7/36名(19%)

質間3 性別は?
1)男:36/36(100%)
2)女:0/36名(0%)

質間4 職種は?
1)行政職(一):24/36名(67%)
2)行政職(二):6/36名(17%)
3)教務職:3/36名(8%)
無解答:3/36名(8%)

質間5 主な日常業務は?
1)飼育管理手技(動物観察,ケージ交換,飼育室清掃,消耗品の整備等)が中心
2)実験手技(採血,投与,実験補助等)が中心
3)飼育管理手技と実験手技の両方
4)施設教官研究の支援および一部自らの研究
5)施設管理・運営(施設利用法の検討等,技術指導等)
1):8/36名(22%)
3):5/36名(14%)
4):136名(2.7%)
5):6/36名(17%)
複数解答は16/36名(44%)で5)が含まれる解答が14/16名(88%)

質間6 現在の業務内容に満足しておりますか?
1)はい:20/36名(56%)
2)いいえ:13/36名(36%)
無解答:3/36名(8%)
いいえの方で具体的な希望があれば( )

質間7 実験動物に携わる技官(技術官)の役割が現状で良いと思いますか?
1)はい:9/36名(25%)
2)いいえ:24/36名(67%)
3)その他( )1/36名(3%)
無解答:2/36名(6%)

質間8 今後,大学における技官(技術官)の役割が増えていくと思いますか?
1)はい:31/36名(86%)
2)いいえ:3/36名(8%)
3)その他( ):1/36名(3%)
無解答:1/36名(3%)
はいの方は次の質問にお答え下さい。
1)業務内容が変わったり増えることがあっても,前向きに対応するつもりである
2)新しい技術や難しそうな業務内容は負担が大きく現在のままで良い。
1):24/31名(67%)
2):1/31名(3%)
無解答:6/31名(19%)

質間9 従来に比べ飼育管理手技が高度になってきておりますが,動物実験施設系技官(行政職二)技術官)の待遇面は妥当だと思いますか?
1)はい:2/36名(6%)
2)いいえ:31/36名(86%)
3)その他( ):1/36名(3%)
無解答:2/36名(6%)

質間10 所属している学会?
1)日本実験動物技術者協会:14/36名(39%)
2)日本実験動物学会:3/36名(8%)
3)その他( ):複数解答を含め10種類以上の学会
複数解答:1)+ 2)※10/36(28%)

質間11 学会や技術研修会等に公務として参加しやすい職場環境ですか?
1)はい:19/36名(53%)
2)いいえ:14/36名(39%)
3)その他( ):1/36名(3%)
無解答:2/36名(6%)

質間12 技術部が組畿化されていますか?
1)はい:17/36名(47%)
2)いいえ:12/36名(33%)
3)予定がある:3/36名(8%)
4)技術部の存在を知らない:4/36名(11%)

質間13 国や大学主導の公に認められる研修会等の必要性について?
1)必要である:34/36名(94%)
2)必要がない:1/36名(3%)
3)その他( ):0/36名(0%)

質間14 大学または学部主催の技官(技術官)中心の研修会はありますか?
1)はい:16/36名(44%)
2)いいえ:19/36名(53%)
3)予定がある 無解答:1/36名(3%)

質間15
技官(技術官)自らが日常業務の他に研究テーマを持つべき(持ちたい)だと思いますか?
1)はい:30/36名(83%)
2)いいえ:4/36名(11%)
3)その他( ):2/36名(6%)

質間16
現在,我々の職種は専門性は認められていないと思いますが,将来に向かって職種に対する危機感(存在価値が間われる)がありますか?
1)はい:26/36名(72%)
2)いいえ:10/36名(28%)
3)その他( ):0/36名(0%)

質間17
あなたの施設を利用している研究者の動物実験への姿勢はどうですか?
1)ほとんどの研究者は適正な実験方法で行っている。
2)データ採取だけに重点をおき,動物の管理や実験の前後に無頓着な研究者が目につく。
3)動物実験を行うにあたり,再指導が必須と思われる研究者が多い。
1)のみ:9/36名(25%)
2)のみ:19/36名(53%)
3)のみ:4/36名(11%)
無解答:14/36名(11%)
複数解答:12/36名(33%)
※1)+ 3):4/12名(33%)
 2)+ 3):5/12名(42%)

質間18 日常の業務の中で,自分の仕事が医学研究に貢献しているんだという実感を持つ(感じる)ことがありますか?
1)多い:8/36名(22%)
2)ときどき:21/36名(58%)
3)まれ:6/36名(17%)
4)まったく無い:1/36名(3%)
5)その他( ):0/36名(0%)

質間19 実験動物に携わる技官に今以上の医学研究の貢献度が感じられる(待遇面は別として)環境作りが必要だと考えますか?
1)はい:34/36名(94%)
2)いいえ:1/36名(3%)
3)その他( ):0/36名(0%)
無解答:1/36名(3%)

質間20 今後とも施設協議会において技官の出席も義務づけし継続すべきと考えますか?
1)はい:34/36名(94%)
2)いいえ:1/36名(3%)
3)その他( ):1/36名(3%)

ご協力ありがとうございました。