第 18 号
16
p
-- 北から南から --
「風」について考える
一会員

「風」と言う言葉ほど多義で,広くて深いことばはないと思う。
「風」という概念はもともと,自然界のもので,風とは「空気の動き」のこと
無風,凪,そよ風,微風,強風,烈風,颱風,爆風,旋風,疾風,嵐,飃,颯,風力階級表にはこの外,平穏。至軽風,軽風,軟風,和風,雄風,疾強風,大強風,全強風,暴風,台風,そして瞬間風速があります。
場所によっても呼び名が変わる,山風,海風,谷風,陸風,山谷風,川風,瀬戸風,ビル風,貿易風,偏西風,ゼット気流,季節風,火事場風,上昇気流,局地風(おろし,フェーン,だし),下降気流
温度による呼び名,涼風,冷風,寒風,温風,暖風,熱風
吹く方向によって感覚が違うこともある,北風は寒い,南風(はえ)は暖かい,東風(こち),西風(おき),秋風は飽き風か
「風」が自然界を離れ,心の世界で表現されると,まことに絶妙な雰囲気を持つ
そよ風,彼岸風,恋風,夜風,朝風,みどりの風,風光る,風が唄う,風が泣く
風笑うは詩感があり,あしたはあしたの風が吹く,風も吹きよで,風向きが悪い,風当たりが強い,風の吹きまわし,風のうわさ,風を切る,風を食らう,風まかせ,風の一人旅,風の音,風の手枕(たまくら),風を快に入れる
風を「ふう」と読めば「家風」「校風」「社風」「古風」は現実的
風土,風景,風月,風俗,風習,風情,風致,風潮,風体,風袋,風鎮,風波,風洞,風説,風船,風車,風趣,風光,風采,風格,風紀,風化,風雅,風琴,風雲児,風解,風疹(三日はしか),風穴,風信帖(空海の書状),風葬,風流,中風,風神,風前の燈(ともしび),風貌,順風,馬耳東風
風連町と風連湖は(北海道),風連鍾乳洞は(大分県)
風圧と風雨が強くなり,風雲急を告げるようになると,風害(風水害)がでる。
あんまり書くと,風変わりな奴となりそう。風邪を引かぬうちに止めよう。