<奥羽支部>
平成26年度奥羽支部実技講習会
第360回本部共催講習会

主催:弘前大学医学研究科動物実験施設 
日本実験動物技術者協会奥羽支部 
共催:日本実験動物技術者協会本部 

 

<<PDFファイル>>


期 日:
平成26年7月4日(金) 11:00〜16:00頃
場 所:
弘前大学(青森県弘前市在府町5
TEL:0172-39-5149)
   
講 師:
小山内 努 (実験動物技術指導員)
高橋 智輝 (実験動物技術指導員/岩手医大・動物研究センター)
講習会:

11:00〜「初心者研修における注意点」
    「組換えマウスの飼育管理で注意すべき事項」

実技講習:
13:00〜「マウス、ラットの保定から採血法、投与法、麻酔法、安楽死法」
材 料:
マウス
ラット
実技講習とスケジュール
対 象:
1. 実験動物と動物実験(動物を取り扱う前に)
2. 動物の取扱いと一時保定・雌雄鑑別
3. 個体識別・体重測定(各自の動物で)
4. 採尿・採糞
5. 処置のための保定と投与・注射麻酔
 ・手保定
 ・シリンジと注射針の説明
 ・皮下投与(マウス・ラット)・・・頸背部皮下
 ・経口投与(マウス・ラット)・・・強制経口投与
 ・麻酔量の算出
 ・腹腔内投与(マウス・ラット)・・・麻酔薬投与
 ・静脈内投与(尾静脈内投与:マウス)・・・麻酔薬投与
6. 麻酔と採血
 ・吸入麻酔と注射麻酔
 ・イソフルラン吸入麻酔機を用いた麻酔
  1) ラット
  ・注射麻酔薬の腹腔内投与
  ・麻酔下での心臓採血
  ・開腹して後大静脈より採血(その後に放血)
 2) マウス
  ・注射麻酔薬の尾静脈内投与
  ・開腹して後大静脈より採血(その後に放血)
7. 主要臓器の説明
8. 適正な安楽死法
  (過麻酔による方法、頸椎脱臼による方法、炭酸ガスによる方法)
9. 手技に関する質問受付・後片付け