平成17年度日本実験動物技術者協会関東支部総会
および第31回懇話会のお知らせ(第3報)
 

 日本実験動物技術者協会関東支部では平成17年度総会および第31回懇話会の開催を予定しております。
 なお一般演題のお申し込みを下記の期間で受け付けております。締め切りは11月末日を予定しておりますので、多数のご応募をお待ちしております。
 懇話会の詳細については、支部会報・ホームページ上でお知らせいたしますので、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。


第31回懇話会:「動物福祉を科学する - 配慮と具体的な取り組み -」
会 期:
2006年2月18日(土)
9:55〜17:55(受付開始:9:30〜)
会 場:
つくば国際会議場 中ホール200
(つくばエクスプレス つくば駅下車 徒歩10分)
参加費:
会員 4,000円  非会員 6,000円
内 容:
【一般演題】10:00〜10:50
   
  【特別講演 I 】11:00〜12:00
※第24回サル専門部会(サル部会共催)
  「認知的エンリッチメント:チンパンジーの”こころ”を満たす環境エンリッチメント」
   森村 成樹 先生 (株)林原生物化学研究所霊長類センター
   
  【一般演題】13:50〜14:20
   
  【特別講演 II 】14:30〜15:30
  「動物福祉とサイエンス」
   今村 英成 先生 「へそ曲がり獣医さんの動物福祉論」著者
   
  【シンポジウム】15:40〜17:50
  「飼育現場での動物福祉への取り組み」
  丸山 みゆき 先生 「Nosan:Beagle 少しは良くなった?」
  山海 直  先生 「サル類を用いた医科学研究における動物福祉」
  小松 輝夫 先生 「小動物に対する技術者のできる動物福祉」
  山口 孝雄 先生 「アメリカンショートヘアネコの動物福祉」
  続木 友浩 先生 「北山ラベス(株) 伊那バイオセンターにおける動物福祉への取り組み」

一般演題の募集について
   
募集期間:
2005年8月1日〜11月30日
資 格:
講演者は日本実験動物技術者協会会員に限ります。
非会員が講演する場合は、予め入会申し込みの手続きをして下さい。
講演要旨:
演題名 ***における基礎データの評価
演者名 ○筑波 太郎、茨城 花子(動物研究所)
・発表者は名前の先頭に○をつけて下さい。
・所属をご記入下さい。
要 旨 (目的)(方法)(結果)(考察)
以上をA4用紙1枚程度にまとめ、メール、FAX、郵送にて懇話会事務局までお送り下さい。
 
事務局:
〒305-0074
茨城県つくば市高野台3-1-1
 理化学研究所 バイオリソースセンター 
 遺伝工学基盤技術室
 持田 慶司

TEL:029-836-9169 FAX:029-836-9172
E-mail: jmochida@rtc.riken.jp